« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月10日 (木)

血は立ったまま眠っている

血は立ったまま眠っている
血は立ったまま眠っている
一昨々日からとうとう始まった。舞台「血は立ったまま眠っている」の稽古が。


寺山修司が23歳の時の処女戯曲を蜷川幸雄さんが演出する話題の舞台に、何故かボクも出演することになった。
公演は来年の1/18から 2/28まで約1ヶ月半。東京のシアターコクーンと大阪のシアターVRAVAで。


60年安保闘争を時代背景に、底辺で生きる人間たちの爆発しそうな憤りや葛藤が瑞々しく描かれた青春劇。というのがこの作品のあらまし。


キャストは、森田剛、窪塚洋介、寺島しのぶ、六平直政、金守珍、他。


ボクは倉庫番人のブルースシンガーの役。いつも公衆便所の脇で唄っている。(笑)


蜷川さんとは1983年にロッキングオン社から出版したボクの対談集「バターになりたい」に出ていただいた時からのご縁である。


その後、84年に蜷川さん演出の「タンゴ・冬の終わりに」
(作:清水邦夫)でボクの「ベトナム伝説」の楽曲「カノン」を、戸川純の「蛹化の女」と一緒にテーマ曲として使っていただいた。


そして今度は86年に「オデッセイ・1986・破産」というライブと演劇パフォーマンスを合体させた不思議な舞台を演出。
歌うのはボクで、楽曲は全てミチロウ&ゲイノーブラザース。
演劇パフォーマンスは当時蜷川さんが率いていた若い劇団「ニナガワ・スタジオ」。
50人25カップルが織りなすセックスと食事のパフォーマンスで歌う「オデッセイ・1985・SEX」は圧巻だった。


そして2004年に演出した舞台「シブヤから遠く離れて」(作:岩松了)(キャスト:二宮和也、小泉今日子、蒼井優、他)ではテーマ曲に再びボクの「カノン」が使われ、他の劇中音楽も全てボクのアコースティック・ソロやN0TALIN'Sの楽曲が使われた。


そして今回「血は立ったまま眠っている」では、とうとう役者としてボクを使うというだけでなく、劇中でボクが歌う曲(寺山修司の作詞)の作曲も頼まれてしまった。
しかもブルース。しかしボクはブルースは全然やったことないし、他人の詞に曲をつけたこともない。
舞台役者も生まれて初めて。だから蜷川さんはかなりの暴挙に出たと思う(」゜□゜)」。
そのパンクな意図は?だからボクも自爆テロでもやるような気持ちを抱えて参加してます。

今から福島訛りも直せないし、59歳なのに27歳の役。いったいどういうことになることやら。(^_^;)


2009年12月 5日 (土)

出雲大社

出雲大社
出雲大社
出雲大社
出雲大社
出雲大社
出雲といったら出雲大社。ぼくは来るたびに訪れているので何度もお参りしたけど、一度9月にきたことがあった。

陰暦では10月の神無月で、出雲だけ神有月。日本中の神様が出雲大社に集まるので、出雲を除いた日本は神無月というのだそうだ。


この時だけ中にはいれるんだ。普通は入れない。だからぼくらが普段参拝してるのは本殿じゃなく、神楽殿なんだって。本殿をお参りしたかったら9月に来ないといけませんと。


ライブハウス APOLLO

ライブハウス APOLLO
ライブハウス APOLLO
ライブハウス APOLLO
ライブハウス APOLLO
出雲にはもう4〜5回来てるけど全部ソロ。バンドで来るのは初めてだ。

ソロの時は「リベレイト」でやるけど、今回は「LIVEHOUS APOLLO」。木製ドームで有名な出雲ドームの真ん前にある。

きめ細かい配慮のある素晴らしいライブハウスだ。

ライブを企画してくれたのはリベレイトの内山研司くん。だから打ち上げはリベレイトです。ありがとう。


出雲平野

出雲平野
出雲平野
出雲平野
M.J.Q今年最後のツアーは出雲と広島。

飛行機で出雲空港に降りてくるとき滑るようかすめた宍道湖は意外なほどに大きかった。

冬に入ったばかりの出雲平野は雲の合間から太陽の光がこぼれ差して煌めいていた。


あちこちに枯れ上がったひまわり畑が。なんかごめんなさいしたまま取り残されて固まった人の群れみたい。


一反木綿みたいな真四角の防風林がおかしい。


« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »